アイフルは全国に店舗は存在する?

標準

北は北海道から南は沖縄まで、全国各地にアイフルの店舗はあります。2017年3月31日現在で、その数は912店舗を超えており、1つの都道府県あたり平均して19店舗以上ある計算です。面積の広い北海道には、札幌を中心に合計で40店舗以上があります。また、全国で最もアイフルの店舗が多いのは、首都東京です。東京都内には、何と合計で100を超えるアイフルの店舗があります。アイフルでは、今後も利用者の利便性の高い場所に、無人契約機を中心を設置していく予定であり、利用者にとってはますます利用しやすくなることが予想されます。
アイフルの社員が常駐する支店と無人契約機やATMなどの機械だけで貸出や返済などの業務を行っている無人契約コーナーの二種類で構成されています。アイフルの社員が常駐している支店は、駅前や繁華街など公共交通機関を使ったアクセスに便利な場所にあるのが特徴です。一方、無人契約コーナーは国道沿いや郊外のショッピングモール、大型スーパーの近くなど車でアクセスしやすい場所に設置されています。
アイフルのカードは全国共通となっているため、例えば東京にある無人契約コーナーで作ったカードで、旅行先の沖縄にあるアイフルの無人契約コーナーでお金を借りることができます。そのため、旅行や出張などの旅先で不意にお金が必要になったときのために、カードを作っておくと安心です。なお、カードを作ったからと言って、必ずお金を借りる必要はありません。